2018年8月19日 (日)

暗号解析プロジェクト

もう20年近く前の話ですが、コンテスト好きの有志を中心に、distributed.netというところが主催していた暗号解析のプロジェクトに参加していました。

RC5-64というプロジェクトは見事に2002年に暗号解析を終了しました。ずいぶん遅れて参加した無線仲間のチームはチームとしては、世界ランク50位以内にまで急浮上。私個人も世界ランク140位まで順位をあげることができました。

PCを使用しているとき以外はPCのCPU使用率100%とフル稼働。当時、自宅では4、5台のPCがフル稼働している状態で、夏はPCの排熱でエアコンを常時いれておかないと室温が高くなりすぎ、PCがブルースクリーンをしめして停止してしまうような状況でしたし、冬場でも暖房いらず。冬場でも冷房を入れた方がいい状態でした。おかげで、毎月の電気代が5万を超えていたと思います。また、PCそのものもオーバクロックさせたり、CPUを新しいものへと頻繁に置き換えていたため、PC代もばかになりませんでした。

これがプロジェクト終了時のチームの個人成績です。

Rc5

このプロジェクトのあと、RC5-72というプロジェクトが動きだしたのですが、2009年ぐらいには仕事が忙しくなった関係や、費用もばかにならないので中座していました。

すっかり忘れていたのですが、突然思い出して、このプロジェクトのページをたどったのですが、なんとびっくり。

私が解析への参加をやめてもう9年たつのに、きちんと解析データを送っているチーム仲間がいるじゃないですか! 驚きました。

興味がある方は、個人などでも参加できるのでトライしてみては?16年かかって、世界中の色々な方が解析に参加していますが、まだ、5%ぐらいしか進捗していないようです。

2017年9月 9日 (土)

JT65で久しぶりのDX@6m

夜になってBVとBYが見えて、久しぶりの6mDXでした。どちらも自分にとっては新局です。

まずBVに4エリアの方がレポートを送っているのが見え、次のシーケンスではBVも見え出しました。ちょうどファイナルでしたので、すかさずコール。

20170909 0927 -19  0.5 1293 # BV4PK JA4TSF R-01      
20170909 0928 -20  0.1 1301 # JA4TSF BV4PK 73       
0929  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BV4PK JM1SZY -20
しかし、このあと0930Zの相手の線が見えているにもかかわらずデコードせず。
いったん休止。

その後、JA6の方のCQをBV4PKがコールしだします。結局とってもらえなかったようです。
私は、どこかから呼ばれないかと思ってCQを出してみたところ、次の瞬間、BV4PKがCQを
出だしたのですが、その周波数が悪すぎる!デコードの周波数を見ていただければ明らかですが、なんと、コールしていたはずのJA6の方の送信周波数でそのままCQ! 
6エリアの方がCQを出していたのを認識していたので、かなり離れてコールしてみます。

20170909 0933  -5  0.0 2008 # CQ JA6GXZ PM53         
20170909 0934 -19  0.1 2011 # JA6GXZ BV4PK PL04      
20170909 0935  -2  0.0 2008 # CQ JA6GXZ PM53         
20170909 0936 -21  0.1 2009 # JA6GXZ BV4PK PL04      
0937  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  CQ JM1SZY PM95       
20170909 0938 -19  0.1 2010 # CQ BV4PK PL04         
0939  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BV4PK JM1SZY -19      
20170909 0940 -21  0.1 2011 # JM1SZY BV4PK R-12      
0941  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BV4PK JM1SZY RR73    
20170909 0942 -14  0.1 2013 # JM1SZY BV4PK 73       
20170909 0944  -3  0.1 2014 # CQ BV4PK PL04            


なんとか無事にQSOでき、自分との交信が終わるや、信号強度もUP。この後は殆ど-01dbで入感していました。

ほどなく、BYのCQが突然飛び込んできます。いきなり-01dbのCQです。
これも新局なので、すかさずコール。すぐに応答があるだろうと思いきや
まだCQ。オンフレでコールしていたので、他にもパイルになっているのかと思い、
今度は送信周波数をずらしてコールするとコールバックがありました。
しかし、ここからが良くない。以前の記事でも書きましたが、
単にBH4DKV JM1SZY PM95のコールに対して、JM1SZY BH4DKV R-01と
返ってきます。何に対してのRなのかよくわかりませんが。こちらは-01dbの
レポートをもらったものとしてR-01と返します。
もしかすると0956UTCの-01dbを送った私の呼び出しに対して、R-01と返したのかも
しれませんが・・・ お互い何度もR-01を送る膠着状態になってしまい、
「とれないのか?」と思わず、Twitterでつぶやいてしまいましたが無事QSO。

20170909 0955  -1  2.8 1190 # CQ BH4DKV PM01         
0956  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BH4DKV JM1SZY -01    
20170909 0957  -1  2.8 1191 # CQ BH4DKV PM01         
0958  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BH4DKV JM1SZY PM95   
20170909 0959  -1  2.7 1199 # JM1SZY BH4DKV R-01    
1000  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BH4DKV JM1SZY R-01   
20170909 1001  -5  0.8 1201 # JM1SZY BH4DKV R-01    
1002  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BH4DKV JM1SZY R-01   
20170909 1003  -2  0.8 1201 # JM1SZY BH4DKV R-01    
1004  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BH4DKV JM1SZY R-01   
20170909 1005 -13  0.8 1201 # JM1SZY BH4DKV RR73    
1006  Transmitting 50.276 MHz  JT65:  BH4DKV JM1SZY 73      
20170909 1007  -3  0.7 1201 # CQ BH4DKV PM01    


珍しく家族の妨害?もなく、シャックにいられたおかげで国内と合わせて延べ34局ほど
6mでQSOができました。 

#このあと、もう1局BVと交信できました。 

2017年8月23日 (水)

許可を要しない軽微な変更について

標記の件について、ご存じない方が多いことを知り、備忘がてら記載してみたいと思います。

これを私が知ったのは、2011年のことでした。同年10月末に技適機を購入し、増設の変更申請(⇒実際には変更届なのですが)を提出後、とあるMLに「技適機を購入したので、変更申請がOKとなったら、QRVします」という趣旨の書き込みをしました。
その際、ある方から「技適機の増設は、「軽微な変更」ですから、「遅滞なく届け出」ですみます。つまり、買ってきたらすぐに電波を出してもかまいません。」とのご示唆をいただきました。さらに、「隈部さんの場合、ハイパワーだから、その後にリニアアンプを接続するという書類を出すのでしょうか、これも軽微な変更扱いなので、届け出ですみます。」とまで。

早速、条文にあたってみると、確かに「許可を要しない軽微な変更」にあたり、「遅滞なく届け出」れば良い。つまり、「変更をした後遅滞なく、変更をしたことを総務大臣に届け出る」ということでOKだということがわかりました。
最初は、技適機の増設やリニアアンプの追加(もちろん免許の範囲内のものです)が遅滞なく届け出ることで良いという理解でしたが(実際、これにより、技適機を1台・リニアアンプ2台の追加をしています)、この規定は次々と出てくる新しいデジタル・モードの追加についてもあてはまります
過去に許可されている電波の型式・周波数・出力の範囲内であれば、上記のように軽微な変更として、遅滞なく届け出ることでOKですが、次のような方はご注意ください。例えば、過去にF1D(JT65など)の許可を得ていない場合、QRA64やFT8を軽微な変更扱いで追加することはできないと思います。F1Dの申請をしたことがなく、はじめてJT65を申請する場合などは、きちんと変更申請をしていただくべきです(その場合も、変更検査を要しない変更として、許可がおりるはずです)
(注)一括コードの範囲内でコードに変更がなければ届出で良いとのご指摘がありましたので、修正(削除)しました。履歴を残しておきます。

電波法のたてつけを振り返ると、「A.許可を要する変更」と「B.許可を要しない変更」があるということになります。それぞれの流れは、

A.許可を要する変更
  ①変更申請を提出
  ②変更許可通知書の受領(変更検査の有無も記載)
  ③(②で変更検査を要する場合)変更検査
という順番で、許可(検査が必要な場合、検査を経て)を得て、はじめて変更した設備を使用できる。

B.許可を要しない変更
  ①変更届を提出(で終わり)
そもそも、許可が不要なので、許可を得ずに変更できますが、変更したことは当局に通知しておくことが必要(変更届に瑕疵があれば、補正(追加書類の提出や修正)が発生しますが、届出書を完結させる作業にすぎません)

たとえば、すでに6mでJT65(F1D)の許可を受けているならば、同一のF1Dの型式のデジタルモードを追加する場合は、「B.許可を要しない変更」で良く、モード追加後に、変更したことを遅滞なく届出れば良いということになります。
届出は、「不備なく当局に到達」したときに、手続き上の義務を履行したことになります。
電子申請した場合、送付すると直後に到達と表示されると思います。あとは不備がなければ、受付処理中⇒審査中⇒審査終了となりますが、そもそも到達時点で届出をしたアマチュア局としては、すべきことは終わっていたのです。
また、不備があれば、「補正」を求められると思います。「補正」をしないと、事後届出が完結しないことになります(不備なく到達していないので)。ただ、事後届出ですから、補正中であろうが、電波を出していても、法令上の問題はありません。

結論だけ先に記載しておくと、以下は(他にもありますが)変更後に届出ることで足ります。
 ・既存の送信機を200W以下の技適機に取り替え
 ・200W以下の技適機の増設
 ・電波の型式・空中線電力の指定事項の変更が生じず、周波数の指定も変更が生じない場合で、20Wを超える送信機の部品にかかる変更の工事(デジタルモードの追加やすでにリニアがある無線機に並列的にリニアアンプを追加するなど
(注)移動する局の場合、すぐに運用できるのだろうか?というご指摘がありました。移動しない自局を前提に記載していますのでご承知おきください。移動する局の場合も、変更自体は許可を要しない変更であることには変わりありませんが、運用時に無線局免許証票を備え付けなければいけませんので(電波法施行規則第38条第3項)、例えば、技適機の増設といえども、証票の到着は待つ必要があると思います。

私の場合ですが、この変更届を出した場合には、「指定事項の変更を伴わない軽微な変更の工事に該るため、新たな免許状は不要です」と備考欄に記載しています。いちいち、審査終了を待って、内容が同一の免許状を何度もいただくのも無駄なので。ただ、先方の事務作業的には、免許状を受け取ってもらった方がありがたのだ、とも仄聞しています(もしかすると、機械的に免許状が作られてしまうのでしょうか?それを要らないというので面倒なのかもしれません(よくわかりませんが))。

一応、条文をたどっておきます。
まず、電波法です。第17条に変更申請・変更届関係が記載されています。

(変更等の許可)
第十七条  
免許人は、無線局の目的、通信の相手方、通信事項、放送事項、放送区域、無線設備の設置場所若しくは基幹放送の業務に用いられる電気通信設備を変更し、又は無線設備の変更の工事をしようとするときは、あらかじめ総務大臣の許可を受けなければならない。ただし、次に掲げる事項を内容とする無線局の目的の変更は、これを行うことができない。
 一  基幹放送局以外の無線局が基幹放送をすることとすること。
 二  基幹放送局が基幹放送をしないこととすること。
2  前項本文の規定にかかわらず、基幹放送の業務に用いられる電気通信設備の変更が総務省令で定める軽微な変更に該当するときは、その変更をした後遅滞なく、その旨を総務大臣に届け出ることをもつて足りる。
3  第五条第一項から第三項までの規定は無線局の目的の変更に係る第一項の許可について、第九条第一項ただし書、第二項及び第三項の規定は第一項の規定により無線設備の変更の工事をする場合について、それぞれ準用する。

第17条ですが、
第1項では、変更の工事は、あらかじめ(要は事前に)総務大臣の許可を受けなければいけない、という原則を記載しています。
第2項(プロをイメージすれば良いですが)、第1項では事前の許可が必要となっているけれども、軽微な変更に該当するとき、変更をした後に届け出れば良い。
第3項で、法第9条第1項但し書き・第2項・第3項は、変更の工事にも準用するとなっています。

我々に意味があるのは、この第3項です。従って、法第9条を見てみます。

(工事設計等の変更)
第九条  
前条の予備免許を受けた者は、工事設計を変更しようとするときは、あらかじめ総務大臣の許可を受けなければならない。但し、総務省令で定める軽微な事項については、この限りでない
2  前項但書の事項について工事設計を変更したときは、遅滞なくその旨を総務大臣に届け出なければならない。
3  第一項の変更は、周波数、電波の型式又は空中線電力に変更を来すものであつてはならず、かつ、第七条第一項第一号又は第二項第一号の技術基準(第三章に定めるものに限る。)に合致するものでなければならない。
4~6(略)

第9条は局を開設するときの予備免許後の変更後の条文ですが、これが変更にも準用されています。
第9条の本文では、やはり予備免許後の工事設計の変更は許可が必要としながら、但し書で、軽微な変更はその限りではない(=許可が必要ではない)
としています。
そして、第2項で、第1項但し書きに該当する場合(軽微な変更で許可が不要な場合)、変更したときは、遅滞なく、変更したことを総務大臣に届け出なければいけないとしています。

軽微な変更であれば、事前の許可は不要であり、事後に変更した旨を総務大臣に届け出ればよいということが法律の条文からわかります。
一方で、何が軽微な変更にあたるかは、この条文だけではよくわかりません。何が軽微な変更にあたるのかは、総務省令=電波法施行規則に規定されています

電波法施行規則の第10条に軽微な変更についての記載があります。

(許可を要しない工事設計の変更等)
第十条  
法第九条第一項ただし書の規定により変更の許可を要しない工事設計の軽微な事項は、別表第一号の三のとおりとする
2  前項の規定は、法第十七条第三項において法第九条第一項ただし書の規定を準用する場合に準用する
3 (略)

規則第10条第2項を見て頂ければわかりますが、法律の第17条3項で法9条第1項ただし書きを準用する場合、同じ規則第10条の第1項を準用するとなっています。
つまり、変更の場合で、変更許可が要らない場合というのは、第1項の規定と同じですと。
そこで、第1項を見ると、変更の許可を要しない場合は、別表第1号の3のとおり、と。

では、別表1号の3を見てみると、アマチュアには関係ないプロの事項を含めて、変更の許可を要しない軽微な変更にあたるものがたくさん記載されているのですが、本記事で意味があるのは、「その他総務大臣が別に告示する工事設計」としてある部分です。

実は、さらに、告示で規定する事項というのがあり、そこで変更の許可を要しない軽微な変更を定めてあるというのです。

さて、それでは、その告示を見てみましょう。

「許可を要しない工事設計の軽微な事項」
電波法施行規則別表1号の3・・・・の規定により、許可を要しない工事設計の軽微な事項を次のように定める。・・・・

アマチユア局の設備又は装置の工事設計の全部又は一部分について変更する場合(設備又は装置の全部又は一部分について変更の工事をする場合を含む。)

工事設計のうち軽微なものとするもの
 1.空中線電力 200 ワット 以下の送信機の工事設計
   適用の条件
  当該部分の全部について、適合表示無線設備に係る工事設計に改める場合
  若しくはこれを追加する場合又は総務大臣が別に定めるところにより公示する者による、
  総務大臣が別に定める手続に従つて行つた法第3章の技術基準に適合していることの
  保証を受け た送信機に係る工事設計に改める場合
若しくはこれを追加する場合
  (新たな工事設計と して追加する場合を含む。)
 2・3 (略)
 4,空中線電力 20 ワット を超える送信機の部品に係る工事設計
 適用の条件
 (1)略
 (2)次に掲げる条件に適合する場合
    (1) 電波の型式又は空中線電力の指定の変更に伴う場合でないこと
     (2) 周波数の指定の変更に伴う場合(中略)でないこと。

となっており、要は、1つ目の方は、技適機への送信機の変更とか、新規増設
2つ目はリニアアンプ等の追加とか、デジタルモードの附属装置の変更などで、2つ目の適用条件に、電波の型式とかパワーの指定事項の変更がないことなどが条件として記載されています。
(注)適用の条件にはまるかどうかに、当局の裁量の余地があるのではないかというご指摘がありました。それはその通りです。ただし、技適機の増設などは明確で、裁量の余地もないと思いますし、前例が蓄積されているようなものは、ある届出に関してだけ条件に適合しないとも言えないので、気にする必要はないと思います。微妙なものは、個別に確認された方が良いと思います。例えば、リニアアンプの追加で、プレート損失10kWの真空管アンプを追加するとなれば、「空中線電力の指定の変更を伴いかねない」ものとして、「軽微な変更の適用条件を満たさない」と判断される可能性が大であり、逆に、許可を得てから変更検査を受けるのが自然と思います。こうした判断要素が残るものは慎重に対応された方が良いと思います。

これらを簡単にまとめると、本文の中段あたりに結論を記載した内容になります。

不要に電子申請などの審査終了待ちをしている方があるので、ご参考までに条文を検証しました。

ちなみに、こうした処理で理解に誤りがないことを、技適機の増設については2011年に、リニアアンプの追加については2011年と2016年に、デジタルモードの追加については、2013年あたりと2016年に、いずれも関東の総通に確認しております。

なお、技適機の追加だけであれば軽微な変更ですし、既存の1kWの設備に並列的に1kWのリニアアンプを追加するのも軽微な変更ですが、技適機+1kWリニアの1セットを一挙に増設すると軽微な変更にはあたりませんのでご注意を。軽微な変更を2段階でやれば変更検査は不要です。一挙にできないのは、技適機の増設が軽微となるのは、200W以下の場合だからです。古い無線機+1kWの設備を技適機+1kWに変更するには、まず技適機を単体で増設。その後に、免許されている「古い無線機+1kWリニア」のリニアを技適機種にも共用する形にする(技適機種からみるとリニアの追加)。その後、古い無線機を撤去すれば、技適機+1kWリニアの設備に鞍替えが可能です。

2017年8月13日 (日)

JT65のレポートについて

今夏の6mのEUもおそらく終了したと思いますが、今夏はJT65を使った交信が多数行われていました。概ね順調に交信がされていましたが、中には、レポートの送り方を知らないのかな、と思う方もいましたので、少しJT65のレポートについて触れてみたいと思います。

EMEではありませんので、db表示のレポート交換が中心になっていますが、まず、TMOレポートの形でのJT65の交信手順を振り返ってみたいと思います。

1. 「CQ JM1SZY PM95
2. 「JM1SZY JB1ABC PM95」 
3. 「JB1ABC JM1SZY OOO」: 「O」は、最初に双方のコールをコピーした人が送ります。
4. 「(JM1SZY JB1ABC) RO」:双方のコールを確認し、Oレポートを受信した場合、ROを返します。ここでのRは、Roger(了解)のRです。
5.「(JB1ABC JM1SZY)RRR」:3の電文を了解したというRの連続です。
交信は、JB1ABCがRRRを受信すれば成立で、73は必須ではありません。ただ、RRRを受信したことを相手にわかってもらうために、次の電文を送る場合もあります。
6. 「(JM1SZY JB1ABC)73

これを TMOでなくdb表示のレポートで送るとなると、3のところは若干変化形になりますが、以下のようになります。

1. 「CQ JM1SZY PM95
2. 「JM1SZY JB1ABC PM95
3. 「JB1ABC JM1SZY -17」:Oの代わりに-17dbで来ていますというレポートを送信
4. 「JM1SZY JB1ABC R-15」: 了解、貴局は-15dbの意味あい
5. 「JB1ABC JM1SZY RRR」:4の電文を了解。。。。ということでRを連続したRRRを送信
 5をJB1ABCが受信した時点で交信は成立しますが、一応、73を送る場合あり(以下の6)
6. 「JM1SZY JB1ABC 73

これが基本形ですが、時間短縮のために、CQに対して、レポート付の電文を送ることが多数行われています。具体的には、
1. 「CQ JM1SZY PM95
2. 「JM1SZY JB1ABC -15」: 「JM1SZY -15db!」という感じでしょうか。「CQ JB1ABC」というCQに対して、「JM1SZY 59」 とコールバックがある前からレポート付で呼んでいるようなものですので、若干の違和感がありますが、時間短縮の知恵として許容範囲だろうと思います。次いで、これに対して、
3. 「JB1ABC JM1SZY R-20」: 「了解、貴局は-20db」という意味。
4. 「JM1SZY JB1ABC RRR」:3の電文をR(了解)を連続送出。 これをJM1SZYが受信すれば交信成立ですが、次の電文を返すことで4を理解したことを伝えます。
5. 「JB1ABC JM1SZY 73
6. 「JM1SZY JB1ABC 73」(もしくは送信せず空白の時間)
7. 「CQ JM1SZY PM95」:再びJM1SZYがCQ
というのが本当の流れだと思います。

ただ、ここでも時間短縮の知恵が働き、4の電文でRR73と送ってくる人が多いです。JTDXのデフォルトの電文でもあります。このメリットは大きいです。

上記の4から変形した形で記載しますが、
4. 「JM1SZY JB1ABC RR73
5. 「CQ JM1SZY PM95」と5と6の2分間を省略して、JM1SZYはCQを出せます。
JM1SZYがCQを出しているのは、4のRRの部分を受信して了解したので、ここで交信は成立し、CQに入っているわけです。もし、JM1SZYが4の電文をデコードできなければ、もう一度、R-20のレポートを繰り返してくるので、JB1ABCもJM1SZYはRR73を受信できなかったのだと判断して、先方からはRR73を再送してきます。JM1SZYが次のQSOに入るなり、送信を停止することが交信成立の証になっているわけです。

改めて、一般的な短縮系で記載すると
1. 「CQ JM1SZY PM95
             2.「JM1SZY JB1ABC -15」 :JM1SZY -15dbです。
3. 「JB1ABC JM1SZY R-20」:JB1ABC 了解。-20dbです。
                            4. 「JM1SZY JB1ABC RR 73」 :JM1SZYこちらはJB1ABC。了解。73」
(RRを確認して)
5.「CQ JM1SZY PM95
という流れになり、交信の所要時間はCQを含めないと3分です。
基本形でいくと、CQを含めず5分かかるので、2分の短縮ができます。
また、4のタイミングで、他の局がレポート付でコールしていれば、
JB1ABCからのRRを確認しつつ、次の交信に入っていくことができます。
つまり、
             4"「JM1SZY JZ1XYZ -10」とコールしているのが4と同時に見えていれば、5のタイミングで5"「JZ1XYZ JM1SZY R-13」のようにコールバックができます。

さて、一連のパターンを理解するとおかしな呼び出しだな、と感じるものがあります。
それは、相手のCQに対して、「JB1ABC JZ11XYZ R-18」のように、いきなりRをつけてレポートを送ることです。このJZ1XYZ局は、何に対して、「了解!」といっているのでしょう?
まさに空耳QSOのように、CQをみてすぐに、「了解 -18dbです!」とやっているようなものです。これは、どう見ても違和感たっぶりで、気持ちが悪いです。
EMEのパターン以降、一貫しているのは、Rは相手のレポート等を受信して、それに了解だ、という意味をつけるとき以外は、発信しないということです。

New Mode FT8の所感

WSJT-Xにマウントされた新しいFT8というモードの所感をいくつか。

まずは所要時間ですが、"順調にいけば"以前より時間短縮になるのですが、15秒に短縮した割には時間がかかっているという感じです。というのはデコードしないことが多々あり、再送出していると、結果的には結構時間がかかっているためです。

まず、CQを出している局をコールした場合、タイミングの問題もあるのかもしれませんが、1stコールが相手にデコードされず、もう一度CQが出される場合が非常に多いと感じます。
同じことが、自分がCQをだしていて、相手に呼ばれた場合にも発生しています。交信がはじまった最初の段階でなぜかつまづくことが多いのです。あとは、Auto Seqにチェックを入れていれば、たいていの場合、順調に交信が成立していくのですが。最初の出だしで先方と当方が2度づつ送信したりしていると、あっという間に2分たってしまい、残りの電文を送受し終わるといままでと変わらない時間(下手するともっと)かかってしまう気がしています。

また、-20dbくらいまで相手をデコードする場合がありますが、JT65のようにさらに弱い信号はデコードしません。6mの微弱信号を相手にするには、今一つの感じです。殆どの場合、CWでQSOできるレベルの信号しかデコードしないと感じています。

あとは極端に混信に弱いということ。バンドが密集してしまうと、どうもNGです。ウォーターフォールに映る信号がFT8では帯状になりますが、そこに信号がかさなるとどうにもデコードしてくれません。JT65では多少信号が重なっても最近のソフトであれば、なんとか信号を掘り出してくれるのとずいぶん違います。

あとは、TX=RXのチェックをはずしておいても(送受の周波数をずらすため)、デコードした画面をクリックすると、相手の周波数にTXの周波数がシフトしてしまいます。これでは、DX側がCQを出すと、同一周波数でJAのパイルがおこってしまいますし、DX側はコールバックする都度周波数をうろちょろすることに。

まだまだ、今後、改善されるのかもしれませんので、初期で評価するのはどうかと思いますが、現状のままであれば、6mの微弱信号を相手にする場合、JT65でしっかりQSOする方確実で、時間効率も実はJT65の方が高い気がしています。

2017年5月14日 (日)

フィルターのロス

先日、無線機のラックの下から発掘したオイル缶のダミーロードのテストがてら、手持ちのフィルターのロスを測ってみました(いずれも6mで測定)。

000
※本日使用のダミー。オイルが吹くかもしれないので、レジ袋の中に入れてます。


まずは、フィルターなしでの出力測定。
001
およそ203~204Wぐらいでしょうか?

第一弾はRF InquiryのCMF(CF5KV)だけ挿入。
CMF接続にともないM-Mの中継コネクターを入れているので
本来の損失+αになると思いますが、ほぼ誤差なので・・
002
微妙に200Wを下回って、198Wぐらい?
198W / 204W = 0.97  ということで、-0.13db
カタログ表示で損失0.4db以下との表示なので、しっかりおさまっています。

さらに、LPFを追加。これもRF InquiryのLP6M3Kというフィルター。
リグ=LPF=CMF=パワー計の順ですが、CMFへの接続は中継コネクター1つを
使っています。
003
192Wぐらいでしょうか?
192W / 198W = 0.969  ということなので、こちらも-0.13db
カタログ表示は損失0.2db以下とあるので、これも規格内におさまっているようです。
ちなみに、ずいぶん前に測定したときは、CMFのロスは0.1dbくらい、LPFは0.2db程度
でした。パワー計もいい加減なので、おおまかにしかわかりませんが、トータルで0.3dbぐ損失があるとすると、1kW出力時は70W弱フィルターでロスってパワー計を通過するのが930Wぐらいということになります。

しかし、この後、アンテナに届くまでを考えてみると、まずはスタックの分岐まで12DSFAを40m弱、その先スタックケーブルを10C2Vで作っているので、おそらくケーブルのロスが0.7dbぐらいでしょうか。

フィルターやケーブルで、トータル1db程度のロスがある勘定なので、アンテナの給電部にとどくまでに2割ぐらいは熱になって、790Wぐらいしか届かないんですね。。。

1kWが200Wもロスするというと大きく感じるかもしれませんが、わずか1dbの差ですので、受け手は差を認識できないでしょう。

逆に200Wロスしていても、大差ないとわかれば、ほんのわずかの出力UPを目指して、直線性を失った領域までリニアをドライブしても労多くして益なしで、むしろ害ばかりが大きくなるということですね。 

2017年3月25日 (土)

QRA64 & MSK144 on LoTW

さきほどLoTWのページにアクセスしたら、QRA64とMSK144がモード追加されていて、LoTWにきちんとアップロードできるようになっていました。

Lotw01

いままでDATAに変換してアップロードしていましたが、QRA64とMSK144で正式にデータをあげたところ、すでに変更をお気づきの方があるようで、わずか4QSO分ですがCFMできました。

Lotw02

2017年2月27日 (月)

QSL発送

アクティブな方なら1月分にも満たない量かもしれませんが、1年半近くためてしまったカードをさきほど発送してきました。ただ、100通以上の未発送のSASEがあるので、完全解消にはまだまだ時間がかかりそうです。。。

Dsc_3276

2017年2月12日 (日)

ノイズがすごい

この週末はノイズレベルが高く、弱い信号が全くとれません。

さきほども3エリアの局からJT65で-3dbというレポートをいただきながら、
こちらは-16db(下がると-26dbくらいまで)という状態。

深夜になると多少よくなるものの、深夜でもメータ読みでノイズがS3つ
ぐらい振ってしまって・・・ 冬場はノイズ高めですが、それにしてもひどい。

つんぼになっていたら、こうした事情なのでご容赦を!

下がノイズにまみれている写真(Sメータで7つも振っている。静かな日はメーターは殆ど振れません)

Dsc_3189

2017年1月22日 (日)

多摩川コンテスト(結果)

ここ数年、平日の帰宅が深夜続きなので、週末にメールをチェックするようになっているのですが、さきほど昨年11月にログを出しておいた多摩川コンテストの結果が出たとのご連絡メールを発見し、結果を見てみました。

お知り合いの援助のつもりではじめたコンテストでしたが、なんと2位に入賞!

2016年は、6時間程度しか参加できなかったALL JAでログを出さず、(タラレバですが)「ログを提出していれば3位入賞だったのに、、、」という失敗をやらかしたのを教訓に、今回はログを出しておいたのが幸いしました。

そういう意味では棚ボタ的入賞でラッキーだったのですが、結果を見るとかなりの激戦状態で、自分もあと2局か1マルチできていれば1位もあったという結果に、今になって残念な気持ちが入り乱れたような気持ちになっております。

お知り合いの援助のためにはじめたこともあり、今回50W送信でしたが、もう少しパワーが出ていれば遠方からコールいただいて数局プラスがあったんじゃないか?とか(今回、エリア外はわずか3局)、途中、何度も中断せずにやっていれば・・・・とか色々思うところも。

ただ、直下3位のSZV局が1マルチ増やしていれば逆転されていましたし、5位や6位の方も、自分よりQSO数は上でしたので、マルチ次第であっさり抜かれてしまう方々でしたので、本当に団子状態だったようで、非常に面白い結果になっていました。

ロカコンというと、昔は神奈川コンテストに毎年参加していたのですが(終了後のミーティング参加目的でありましたが)、時間帯が変更になって以降、ここ最近はご無沙汰です。今の神奈川コンテストの時間帯だと6mはEスポが出てしまう可能性が高く、Eスポが苦手な私の設備では、おそらく勝ち目がありません。以前のようにGWで勝負できる21時以降の開催は個人的にはありがたかったのですが。。。

そんなこともあり、ロカコン自体も疎遠になってしまい、ログ提出は本当に久しぶりだったと思います。このコンテストは、サイクルのボトム期であれば、6mでのDXの入感などを気にせず参加できる時期の短時間コンテストですので、参加しやすいコンテストを見つけました。次回、日が合えば真面目に頑張ってみようかなと思っています。

Tamagawa

«QRA64を受信してくれた方があるようです