« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

6月30日 OH3XRとOG2M WKD(?) on 6m

14時ぐらいから聞こえるところではEUが聞こえていたようですが、ものすごかったという前日とはうってかわってUAビデオはつよいながらも全く聞こえてきません。

途中買い物にいったり、庭の芝生の脇にできてしまった蟻の巣を退治しながら、シャックとの間を行き来していました。もうダメかな、と思った18時前に、元ローカルのJO1LVZ服部さんをEUがコールしています。うわーOHじゃない。

あわてて他の周波数を探すも聞こえない。しばらくしてOH3XRのCQが聞こえだし、あわててコール。運よく1コールで返ってきました。できるときはこんなものなのか。。。

以下がOH3XR

他にいないか、と探していると、1エリア内でたくさんの方がコールしている局があります。最初はコールがわかりません。弱いながら、OG2Mと聞こえます。次第に信号があがってきたので、コール開始。2局待ってなんとかコールバック。JAの局の残響があって、最初は、V*Y という局にコールバックがあったとしか思えず、待機しているとJM1VZYとサフィックスの1文字目だけ取り違われて559をもらいました。一応必死でJM1SZYに直してつもりなのですが、スタンバイするともう存在しかわからない状態。文字は一文字も判別できず。とってくれてそうな気がしますが、OG2Mは微妙です。OH3XRよりは格段に強かっただけに、NILだったらちょっと残念です。

以下がOG2M(WEBカメラが不調で、音だけPCから鳴らして携帯で録画しました。音が悪くなっています)

UA Video信号を録画してみた

EU方面のEsでのオープンの目安にしている方が多い49MHz台のUAのビデオ信号です。

普段は確認しかしませんが、景気よく針を振らせてうなっていましたので、録画してみました。

49MHz台のビデオがうなりをあげているのはこの時期当たり前のような現象ではあるのですが、
目安にしている信号がどれも+20dbくらい振っていましたので、思わず録画した次第。

まさにこの録画の後ぐらいから8エリアでEUとのQSOがはじまりました。こちらは18時
近くまで殆ど聞こえませんでしたが。

2012年6月28日 (木)

PCの時計合わせ

Windows7では、「日付と時間」のところから、インターネット時刻合わせという機能があると思いますが、
まずはデフォルトでは調整の時間が長すぎるので、レジストリーをいじって間隔を短くしてみました。
自動で調整はとってくれるはずなのですが、手動で同期をとってみて、そのあとに電波時計と見比べると
まだ1秒以上の誤差がある。JT65あたりでも許容範囲だとは思いますが、どうにもずれが気になる。
(何か方法があるのかもしれませんが・・・)

そこで以前から使っていた桜時計というのを使ってみました。起動させると起動はするのですが、
時計を変更できないというようなメッセージが。

しばらく悩んでようやくわかりました。右クリックして、管理者権限で実行するとちゃんと動作しました。

2012年6月27日 (水)

デジタルモード

先週末に無線用PCを古いデスクトップからノートに切り替えたのですが、シリアルポートが一つも
ないんですね。
以前のデスクトップではデジタルモードのインターフェースはPCのオンボードのシリアルポートに
直接つないでいましたが、Hamlog用にUSBからD-sub9に変換するケーブルを使っていました。
もう1本変換ケーブルを購入すればいいや、ということでこれを入手して昨晩接続したのですが、
どうにもRTTYソフトのMMTTYからリグがコントロールできない。インターフェースから出している
ケーブルが断線したかと、古いPCにつなぐときちんと動くのでケーブルには損傷なし。また
変換ケーブルがおかしいのかと調べてみるけれど、正常動作しているようす。
COM Portの番号指定がおかしいのか?とデバイスマネージャで調べるも間違いなし。
2時間くらい試行錯誤して、ようやくわかりました。EXTFSK.DLLというのを入手してポートの
指定をEXTFSKというのにすればよかったようです。
RTTYは当然FSK運用なので、RTTYの送信はこれであっさり解決。

あとは受信のための音源です。
特性を気にしなければPCのマイク入力とヘッドフォーンのアウトとでなんとかなってしまうのでしょうが、
さすがに購入したノートのオンボードの音源の特性が悪すぎて使いものにならない。
Spectranで入力信号みましたがとてもEMEなどには使えない!大きく波打っていました。
また、おそらくオーディオを聞く目的で何かノイズリダクション的な機能が働いてしまうのか、
ビートのような信号が入ってくると、その部分をノッチでおとしたみたいに信号をキャンセルして
しまうのです。

ということで、外付けの音源を購入することにしました。
まずはライン・イン、アウトがあるのが必須要件ですが、これがないやつが多いんですね。
無線用だし、BEHRINGERの2000円しないものでいいかな、とも思ったのですが、ネットで調べて
いるうちに、単一トーンを入力したときに、その上の周波数でノイズが発生してしまっている測定結果を
オープンしているページを見てしまい、安物買いの銭失いになるのもイヤなので、他を探しました。

ピンキリではあるのですが、オーディオ鑑賞目的でもないのに、1万円も出したくない。
最初は、USB Sound Blaster Digital Music Premium HDあたりにしようかと思ったのですが、
よくよく評判を見ているとプチプチといったノイズが入ったとか、あまりよくない批評をいくつかみつけ、
批評を書いている方の中に、「以前使っていたものに戻したらノイズが消えた」というような記載がありました。
元に戻したというのは、それよりも価格の安いSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proだったので
それを入手することにしました。

これですら、無線のデジタルモード用には余計な機能がたくさんあって殆どの機能はOFFして使うことに
なるのですが、まあ仕方ない。ベースの性能は無線には十分すぎ。
早速入手してPCにつなぐと、CDなどからドライバーをインストールしなくても、USBで接続するとすぐに
ドライバーを認識して使用できる。ただ、確かに、普通のオーディオを聞く分には動作しているのですが、
こちらとしては、ソフトの音量レベルのセッティングのために、Windows7のオーディオ調整のところから
細かくレベル調整をしたいのですが、なぜかデバイスとして表示されない。
これまた小1時間悩みましたが、結局おまけCDのドライバーやソフトを一式インストールしてあげたら
きちんと表示されるようになりました。無精はダメですねぇ。

とりあえずRTTY、SSTV,JT65(JT65HF)、PSK31など一通り動作確認でき、QRV可能となりました。

ちなみに、上記音源ですが、とりあえずは満足いく性能です。
前のデスクトップのPCにつけていたPCIのサウンドボードと比較すると、ひいき目なのかもしれませんが、
スペクトランやJT65の表示などが、クリアーに見えている気がします。

QSOできるできないの差を生むかは謎ですが、周波数特性も平坦でしたし、購入して良かったと
思っています。いままでUSBの音源なんてサウンドチップで変換した後に、もう一度PCにデータを
送るという変換プロセスが入るので、特性多くなるんじゃないの?と思っていたのですが、そんなことは
なかったようです(あるのかもしれませんが、わかりません・・・)。認識を新たにしました。

2012年6月23日 (土)

New PC導入

最近、無線用に使ってきたデスクトップのPCが不調。ブラウザーやzLOG、果てはHAMLOGすら立ち上がりに時間がかかる始末。ボードを買ってきて自分で組み立てるのも悪くはないのだけれど、最近、遠くに置いてるディスプレーもみにくく、いまだWINDOWS98がのってるノートPCではDOSのログソフトぐらいしかまともに動かず。ということで、昨晩、思い立って新しくPC購入しました。

いろいろ使い道がありそうなので、今回は14年使ったノートの買い替えも含めて、ノートPCに。とりあえずWEBを見るのはサクサクと見られるし、IME立ち上げて文字変換も当たり前のペースでされるのでストレスはなくなりました。

とりあえずHAMLOGとzLOGが動くことは確認。しかし、忘れていたのがこのノート、オーディオ関係でのLINE IN OUTがついてない。RTTYやらJT65などの運用には必須。また、RTTY・JT65などのインターフェースを動かすのにもう一つシリアルのUSB変換買ってこないといけない。最近のノートには端子が1つもないんですね・・・

とりあえずは、デジタルモードは古いPCにまかせることにして、おいおいセットアップするつもりです。

2012年6月19日 (火)

台風

台風4号、いよいよ近づいてきました。タワーについている小さな風速計で(精度はいまいち)時折
15mを超えています。

たまにもう一回り大きく2列2段にでもするか!などと妄想をする時があるのですが、春一番や
台風などで怖い思いをすると冷静になれるものです(笑)。

幸いここ横浜はクランクアップなので、フルダウンしておけば、マストが多少曲がろうが、影響
ないので、現状の上げ方であれば、まず問題はないので良いかな、と思っています。

一方、実家(練馬)には自立のタワーがあり、HFの7エレ(といっても巨大なアンテナではなく
クッシュクラフトのX7というアンテナです)と6mのM2の9エレがあがっています。
殆どQRVもしないのですが、なんとなくアンテナを撤去してしまうのも勿体なくてそのままに
なっています。
こちらはタワーをあげて25年、現在のセットアップにして既に14年経過。クランクダウンも
できないので、風が心配と言えば実家です。
最近、HFのアンテナはおろしてしまって、6mもクリエイトの8エレ程度の今よりも一回り
小さなアンテナに変えてしまった方が精神衛生上良いのかなぁ、などと考えています。

少し前の15mのQSO

最近、メールのチェックも1、2週間に1回程度という状態なのですが、帰宅してメールを
チェックしたら、15mでQSOしたA61BKからメールが届いていました。

先日、夜中の1時ごろに強力に聞こえていたのでコールしたのですが、その時のQSOを先方が録画していました。

HFの自分の波が相手にどう届いているのかをはじめて聞きました。薄いパイルの中なら
なんとか浮いて聞こえていますが、DXペディなどではすっかり埋もれてしまうんですよねぇ・・・

6月16,17日の6m -- AH0Iが入感

もう月曜深夜(火曜朝)です。もう日が経ってしまいましたが週末の6mは本当に静かでしたね。
土曜の朝は珍しく早くに目がさめたのでNAでも聞こえないかと期待したのですが全くNG。
8エリアからMSで聞こえるJG3IFX/8局やJG3XTZ/8局をコールしながら時間を過ごしていました。

こちらがJG3IFX/8天塩郡 VIA MS QSO後の録音(だったと思います)

こちらはJG3XTZ/8 余市郡。 40秒くらいから信号があがってQSOしています。

その後、日中もほとんど何も聞こえず、移動というと真庭市移動のJR4EUD局ぐらいしか聞こえず。
あとは、固定局ながら強力に聞こえていたJF3DRI局でしょうか。これはJH1RZY局とJF3DRI局とのQSO。
この後にQSOしていただきました。

その後、夕方になっても全く開ける気配がありません。JA1UAVさんから115でAH0Iが出ているらしいよ、との
インフォをいただき聞いていると、CQが聞こえてきました。以下は確か2度目に聞こえてきたところでコール
したものです。全く気付いてもらえませんでした(笑)。
(注)翌日21MHzでOPのIF1IRW局にお聞きしたら、ビーコンのメッセージの間隔が狭くて気づかなかったそうです。

その後、0エリアの局とQSOしているのがわかり、一気に聞こえるエリアが南下してきました。
ただ、聞こえる地域が非常に狭く、かつ、目まぐるしく動いているのがわかる面白いオープンでした。

翌日曜日は、遅く起床。リグのスイッチをオンにしたら、AH0Iが非常に安定して聞こえていました。
前日とは全く状況が違います。聞き始めから相当時間がたってから、録音開始。一旦フェードアウトするまで
30分ほど録画したのが以下です。その後も何度もオープンしていましたが、やはり6mに力が入っている方が
移動してくださるとチャンスがQSOできるものですね。

2012年6月10日 (日)

6月10日 起き抜けのQSO with KH7Y

本日日曜日は爆睡してしまい、午前11時近くになってようやく起床。
国内のEs等を期待して、少し早めに起きるつもりだったのですが・・・

出遅れ、リグのスイッチを入れたとたん、聞こえ出したのがKH7Y。
最初はBYあたりがバックで聞こえているのかと思いましたが強力でした。
PC立ち上げたり、録画の準備などしてから、席についてようやくコール開始。
QSOしたのが1052JSTでした。起きてまだ5分とたっていないところです。

随分前から聞こえていたようですが、その後も1時間以上聞こえていました。
いつもこれくらいで聞こえると楽なのですが。

6月10日 EU&ASがオープン on 6m

夕方、EU向けのCQを出している方を聞いていると、それをコールする弱い局が聞こえ、なんだなんだと聞いているとどうやらIS0GQXのかけらだったようです。その後、IK0FTAもうっすら聞こえるもとてもQSOできるレベルではなく。
しばらくしてダメかな、ということで途中休憩。
シャックに戻るとJM1IGJ局が何かを呼んでいます。最初はなんだかわからず、結局最初向けていたビーム方向から30度ちかくずれたところで4Z1UFのコールが。4Zははじめてです。上がったところでコールするのですが、アップダウンが激しく、自分へのコールバックらしきものもあったのですが、内容が判別できず(これが1607JST)。
その後、コンディションは西に移ってしまったようで、すっかりあきらめ。しばらく外でタバコを吸ったり休憩してシャックに戻ると、また信号が聞こえます。
再度コール開始。するとコールバックが聞こえます。信号を送ってQSOできたと思っていたら、私のコールをまだ打っています。「あれ?とれてないのか?」ということであわてて再度シグナルレポートを送信。ようやくわかってくれた様子。
録音できなかったので、QSO後に録音したのがこちら。20秒くらいのところでまずまず聞こえていますが、自分のQSOのときの方が気持ちよかったかもしれません。

結局、その後、OHやらかすめていましたが、コールするには至りませんでした。

夜になって北海道などをワッチして、その後アンテナを西の方に向けて国内QSOの相手を探していると、たまたま50.085あたりでJM1IGJ局がどこかとQSOをはじめたところでした。
アンテナが真西に向いていたのに相手が聞こえます。また、4Z1UFです。
なんと時間は21時JSTをまわっています。アンテナを回すと少しCONDXが落ちたのか弱くなりましたが、夕方のようにバンドが騒がしくなく、信号がクリアに聞こえています。
夕方の交信が少し心配なので、IGJ局のQSOの後にコールするも、反応なし。しばらく待機していると信号はかなり落ちてしまいましたが、また、CQが聞こえます。コールすると1発ではコピーしてくれませんでしたが、599のレポート!今度は完璧です。

4Xは初めてでした。1UPで(オコゲ1つをはずして)149Eになりました。今年中にあと1つUPしたいところです。

2012年6月 6日 (水)

6月6日 6mでUN8GC入感

帰宅後、夕飯を済ませてシャックに入ってみると西日本からUN8GCがクラスターにアップされていました。

アンテナを向けてワッチしてみると、確かに「何かいる」。
西日本では強力だったようですが、最初は、どちらがJAなのかUN8GCなのかの判別もつかない状態でした。

ようやくご本尊のコールを間違いなく確認したあたりから、録画を開始しました。1エリアでも数局コールして
います。04:00ぐらいのCQが一番よく聞こえているレベルですので、1エリアでは結構厳しかったと思います。

おNewではなかったので、しばらく静観していましたが、1度だけコールしてみました。
あとで聞き直すと、QRZが返っていたようでしたが(誰に対してかはわかりませんが)、その時はQRZであることもよくわかりませんでした。また、その後は呼べるほどには強くならず、The end。

Kazakhstanは、UN3GなどでQSOできていますので、またの機会にとっておきましょう。

2012年6月 3日 (日)

6月3日 UT4UO Ukraine 入感@6m

W・VEの入感からほどなく、UT4UOが入感しました。

かなり深いQSBがあり、強いとSメータを振らせ、落ちるとほとんどわからないほどになります。
QSO後に録画したのがこれ。良いところでとりたかったのですが、なかなか良いタイミングでとれないものです。

6月3日 NA(VE&W)が入感

昨日の精神的な疲れ(?)から爆睡してしまい。目が覚めたのがなんと午後の1時半。

起床後しばらくしてシャックに入ってみると、JN1JFC局がどこかとQSOしている(QSOの最後でコールがわからず)。なんか弱い信号ながら、相手もモゾモゾ聞こえていました。

ダイヤルを回してしばらくすると、一瞬AA7Aのコールが聞こえて、あっという間に聞こえなくなりました。
引き続きワッチをしていると、埼玉のJH1WHS局が誰かがコールをしています。聞いているとVE6TAです。
録音のセッティングをしてQSOが終わるのを待ちますと、まだ聞こえており、早速コール開始。
559-559でなんとかQSOできました。

JH1WHS局のQSO終盤からの様子が以下です。

その後はWを中心にワッチし、数局確認したものの、とても1QSOできるだけの強さ・時間が続かない感じで結局コールせずに終わりました。でも自分にとっては久しぶりのNAでした。

昨日、まったく聞こえなかったこのリグも壊れてはいなかったようです(笑)

6月2日のEU on 6m

もう昨日の話ですが、6mでEUがJAの広範囲にオープンしていました。実は昨日は14時すぎにオール神奈川コンテストに参加することを急きょ思い立ち、15時からコンテストに参加していました。日中ということもあって結構順調にさばいていたのですが、OHが聞こえているという情報があり、コンテストを中断してワッチしました。

結構、ご近所でもコールしているんですが、ほとんどカスリもしない状態で、蚊帳の外。コールしている方の状況を見ているときちんと了解してコールしている反応(コールバックや切れ目があやふやという感じがしない)なので、全く受信状態が違う様子。

リグが壊れたのかと思い、数台つなぎなおしてみましたが、全くもってNG。何度かJAと相手の双方が聞こえる瞬間がありましたが。

事後、比較的近くでコールされていた方たちを地図上でみると、我が家から5km~7km程度西に離れたところを南北に線で結ぶとほとんどその線上にお住まいの様子。たまたまかもしれませんが、聞こえなかった慰めにそのライン近辺が聞こえたのだと思うことにしました(笑)。

しかし疲れる一日でした。

P.S.
コンテストは県内6m CWで22分参加で25Qで終わってしまいました。コールいただいた方ありがとうございます。あまりに参加時間が短く、勝負にならない中途半端な状態なのでログは出さないつもりです。6m CWのレコードは自分の過去のスコアなのですが、過去の自分のペースよりもハイペースでQSOできていたので、今年あたりはだれかに抜かれているかもしれません。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ