« 12/9 遅ればせながら6m and Downの結果を確認 | トップページ | 9X0PY WKDで1UP »

2012年12月 9日 (日)

DDXCCで175E到達

今年1年の限りでカウントされるDDXCCですが、先日のCQ WW CWで9J、ELなど4つほどアップし、DDXCCを初めて申請した時には、無理と思っていた175Eをなんとか超え178Eまでクレジットされました。

2012ddxcc

QRVできる時間やバンドを考えると、もう増えそうにありませんので、これで打ち止めと思います。この上の200なんてのはどうあがいても拙宅では手が届きません!

DDXCCに刺激され、この1年は、CONDXが良くない中ではありましたが、現状のDXCCでは220EほどQSOできたことになります。前のサイクルでも1年でこんなにQSOしたことはありません。

その一方、限界にも気づきます。拙宅の小さな短縮3エレでは聞こえないところを余裕でコールされる方が結構多いのです。聞こえないことには呼べないので、もう一回り大きなアンテナがあればなぁ。。。と感じますが、メインバンドの6mのパフォーマンスへの影響を考えると、これ以上大きなアンテナは厳しいので、やむを得ないところでしょうか。

« 12/9 遅ればせながら6m and Downの結果を確認 | トップページ | 9X0PY WKDで1UP »

DX」カテゴリの記事

コメント

どうもです。
やはり目標がないとなかなか続きませんよね。DDXCCはいい企画だったと思います。このコンディションじゃ、これが終わると来年は寂しくなりそうです。
うちも、そろそろHFのアンテナ上げようと思っているのですが、同じく6mは諦めきれず、スタックの間にマルチバンドのHB9CV(メイドイン和歌山)を挟み込むのが、せいぜいかと。
SZYさんとこもスタックの間にマルチバンドのアンテナ上げてらっしゃいますが、相互に影響って感じられますでしょうか?比較対象を同軸切替器で切り替えて聞かないと判断つかないかなぁ(笑)
無線を長続きさせる工夫を模索中です。

今晩は。
うちは最初からこのセットアップではじめてしまいましたので、HFと6mのアンテナの相互の影響が
どの程度あるのかは、正直、体感ではわからないです。
あげる前には色々HFのアンテナを挟み込んでシミュレーションだけはしてみましたが、現在の組み合わせ
だと、大きな劣化はなく、ゼロコンマ数db程度の劣化という結果が出ていた記憶があります。
現実は相違しているかもしれませんが、EMEのエコーの見え具合などから勝手に想像すると1枚の方よりは
エコーが見えているときが多い気がするので概ねシミュレーションどおりなのかなと思うことにしています。
ロケやノイズ等の状況が違う他人の比較なので、あまりあてにはなりませんけれど・・・

おはようございます。
同一のコンディションで瞬時に切替て比較出来ないので難しいですよねぇ。
やはりシミュレーションで各自が納得するしかなさそうですね。
愚問に付き合っていただきありがとうございました。
机上でうだうだ言って何もしないよりも、実際にやってみる方が良いと改めて反省しております。
それにしても、全く困ったコンディションです。
前サイクルはいくら真冬とは言え、もう少しマシだったと思います。
益々他バンドへの進出を考えないと無線機が宝の持ち腐れになってしまいそうです。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DDXCCで175E到達:

« 12/9 遅ればせながら6m and Downの結果を確認 | トップページ | 9X0PY WKDで1UP »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ