« QRA64 & MSK144 on LoTW | トップページ | New Mode FT8の所感 »

2017年5月14日 (日)

フィルターのロス

先日、無線機のラックの下から発掘したオイル缶のダミーロードのテストがてら、手持ちのフィルターのロスを測ってみました(いずれも6mで測定)。

000
※本日使用のダミー。オイルが吹くかもしれないので、レジ袋の中に入れてます。


まずは、フィルターなしでの出力測定。
001
およそ203~204Wぐらいでしょうか?

第一弾はRF InquiryのCMF(CF5KV)だけ挿入。
CMF接続にともないM-Mの中継コネクターを入れているので
本来の損失+αになると思いますが、ほぼ誤差なので・・
002
微妙に200Wを下回って、198Wぐらい?
198W / 204W = 0.97  ということで、-0.13db
カタログ表示で損失0.4db以下との表示なので、しっかりおさまっています。

さらに、LPFを追加。これもRF InquiryのLP6M3Kというフィルター。
リグ=LPF=CMF=パワー計の順ですが、CMFへの接続は中継コネクター1つを
使っています。
003
192Wぐらいでしょうか?
192W / 198W = 0.969  ということなので、こちらも-0.13db
カタログ表示は損失0.2db以下とあるので、これも規格内におさまっているようです。
ちなみに、ずいぶん前に測定したときは、CMFのロスは0.1dbくらい、LPFは0.2db程度
でした。パワー計もいい加減なので、おおまかにしかわかりませんが、トータルで0.3dbぐ損失があるとすると、1kW出力時は70W弱フィルターでロスってパワー計を通過するのが930Wぐらいということになります。

しかし、この後、アンテナに届くまでを考えてみると、まずはスタックの分岐まで12DSFAを40m弱、その先スタックケーブルを10C2Vで作っているので、おそらくケーブルのロスが0.7dbぐらいでしょうか。

フィルターやケーブルで、トータル1db程度のロスがある勘定なので、アンテナの給電部にとどくまでに2割ぐらいは熱になって、790Wぐらいしか届かないんですね。。。

1kWが200Wもロスするというと大きく感じるかもしれませんが、わずか1dbの差ですので、受け手は差を認識できないでしょう。

逆に200Wロスしていても、大差ないとわかれば、ほんのわずかの出力UPを目指して、直線性を失った領域までリニアをドライブしても労多くして益なしで、むしろ害ばかりが大きくなるということですね。 

« QRA64 & MSK144 on LoTW | トップページ | New Mode FT8の所感 »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586901/65275887

この記事へのトラックバック一覧です: フィルターのロス:

« QRA64 & MSK144 on LoTW | トップページ | New Mode FT8の所感 »