« 2018年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2019年12月

2019年12月28日 (土)

ANA ハワイ-成田の青カメ(A380)に乗ってみた

2019年12月初旬にANAの2階建ての大型旅客機A380に乗る機会がありました。
元々9月末に出張予定(その時は往復A380の予定)だったのですが、諸般の事情で
キャンセルして、今回のハワイ出張の帰国便で初体験。

ホノルルでは、ANAのスイートラウンジから直接飛行機に搭乗できます。
下の写真のドアをくぐると飛行機に直結です。

Dsc_0356

機内の方は、座席・テーブル・サイドテーブルは、ANAのB787-9のと、ほぼ同じ感じ。
ディスプレーは、液晶のPCディスプレーで表面がテカテカのやつがありますが、あれと
同じ感じです。ディスプレーは、タブレッドでフリックするのと同じ感じでページが
めくれるようになっていました。
Dsc_0360 Dsc_0361 Dsc_0359

問題はこのリモコン。どうにも操作がしにくいのですが。。。(たまたま自席のやつが調子悪かった?)

ハワイ航路は、料理はアピタイザーとデザート類以外はワンプレートで提供されてきます。
Dsc_0362 Dsc_0363 Dsc_0364 Dsc_0365 Dsc_0366

食事のあと、少し仮眠をとって、日本近くで目が覚めました。昼時の時間ですが、あまり
お腹も減っていなかったので、軽く、かき揚げそばをいただきました。
Dsc_0367

新しい機体ですし、不快な点はないのですが、少し気になったのは、席数が多く、ビジネスクラスの
設定も多いため、トイレがいつも使用中という感じなのです。B787-9だと、前後にトイレがあって
もう少し席数が少ないところにトイレの数が多いので、そんなに待つ感じはないのですが。

https://www.anahd.co.jp/ana_news/2018/05/01/20180501-1.html

これを見ていただくとわかるのですが、前方はファーストクラスがあるので、カーテンがあり、前方に
トイレはありません(使えません)。ビジネスの後方に2か所ありますが、プレエコが後ろにあるので
また、ここがカーテンで仕切られていて、反対側通路のトイレを利用するのも使いにくい。
ちょっとこれは気になりました。

あとは、窓側のシートの荷物入れが小さい! アイルシート側の荷物入れはきちんと大きいです。
2階建て構造の湾曲部にあたるからでしょうか。窓側シートの荷物入れは、ビジネスバッグを立てて
入れることができません。普段は荷物の横か上にスーツ入れを入れるのですが、入りませんでした。

Dsc_0376

CAさんが預かってくれましたが、着陸前には預けたジャケット類が戻ってきますので、
着陸前はスーツいれをこんな感じでぶら下げていました。

Dsc_0370

全然関係ありませんが、通路の照明が着陸前後に虹色にライトアップするなど、観光客相手には
色々な演出を工夫しているようです。

Dsc_0374

このように、若干、構造上の気になる点はありましたが、直前に某米国のエアラインのサービスで
非常に不快な思いをした直後だったので、日系航空会社のサービスはやはりすごいな、と見直しました。

またまたANAファーストクラスに乗ってみた(LA-成田)

5月にNY行きの便でファーストに乗ってみましたが、どうせ乗るなら仕事を気にしなくてよい帰国便の方が
良いと気づき、今回LAからの帰国便でもう一度搭乗してみました。

チェックイン後、LAのファーストクラスラウンジに行ってみました。なんだか、コース料理でも食べるかの
ようなブースが、何席もありました(撮影後、実際、ここでご飯を食べている外人さんがいました)

Dsc_0249 Dsc_0250_20191228183101

前回撮影し忘れたヘッドフォーンのケースというのがこれ。

Dsc_0253_20191228183201


機内の様子は、NY行きの記事(http://jm1szy.air-nifty.com/blog/2019/12/post-0ec656.html )に書いたとおりなので、
今回は、洋食メニューの方を。

Dsc_0270_20191228183201 Dsc_0271_20191228183201 Dsc_0272_20191228183201 Dsc_0273_20191228183201 Dsc_0274_20191228183201 Dsc_0275_20191228183201 Dsc_0276

日本に近くなって、朝食(?)メニューですが、今回もまたパスして、麺類を頂戴しました。
CAさんが気をきかせて、サラダまで用意してくれました。お腹がいっぱいだったら残してください、と。
外国のエアラインでは絶対ない気づかいです。

Dsc_0277 Dsc_0278

そうこうしている間に、そろそろ日本です。
Dsc_0279




ANA ファーストクラスに乗ってみた (羽田-NY)

もう随分前になりますが、5月にニューヨーク出張した際にANAのファーストクラスに乗ってみました。
元々はビジネスクラスで予約を入れていたのですが、使い切れそうにないアップグレードのポイントで
アップグレードできるかを、出発の直前に聞いてみたら「ご用意できます」と。
Dsc_0248

搭乗するとすぐにCAさんからリラックスウェアへの着替えを促され、促されるままに着替えをして着席。

Dsc_0250 Dsc_0256 Dsc_0251

リクライニング前の座席位置から足を延ばすと、身長172cmの私の足がようやく前に届くかどうか。
横幅もフルフラットにして、両腕を体のよこにおいても座席にすっぽり収まる感じです。さすがに
ゆとりがあります。

周辺の機材はこんな感じです。ヘッドフォーンはおにぎり型のケースに入っていましたが、すでに
開封して、ラックのハンガー部分にぶら下げています。それから、100Mb分ですが、無料WiFiの
パスワードなどが書かれたかカードなどが渡されます。
Dsc_0252     Dsc_0257 Dsc_0258   Dsc_0253 Dsc_0254 Dsc_0260

ほどなく、ウェルカムシャンパンが運ばれてきて、出発を待ちます。
Dsc_0255

離陸して落ち着くと、食事が開始。和食と洋食が選べますが、今回、私は和食を選びました。
最初は、KRUGのシャンパンを進められるままに2杯ほど。

Dsc_0261 Dsc_0262 Dsc_0263 Dsc_0264 Dsc_0265

一連の料理はこんな感じです。
ANAは、ビジネスでも、アジアの一部やハワイなどを除けば、一品ずつコース料理のように料理を提供してくれますが、
完全にレストランに来たかのような感じでサーブしてくれます。

Dsc_0267 Dsc_0268 Dsc_0269 Dsc_0270 Dsc_0271 Dsc_0272 Dsc_0273 Dsc_0274

お腹がいっぱい(&結構飲んでしまった)になって落ち着いたあと、出張先の仕事の準備のため、書類を読みだしたのですが、
ほどなく電気が暗くなります。みなさん、この勢いで睡眠をとられるようです。しばらく照明をつけて書類を呼んではいたのですが、
どうしても自分のブースの明かりが外に漏れている気がします。
正規料金だと片道150万円以上のフライトです。高い料金を払っている他のファーストクラスの方に申し訳なくなり、仕事の下準備は
途中で断念しました。仕事をするなら、ビジネスクラスの方が気兼ねなくできます。シート名には意味があるんだなぁと実感。

少し寝ようとすると、CAさんがベッドメイクまでしてくれます。そして、途中トイレに立つと、いつの間にか、ベッドがきれいに
整理されているんですね。ずっと見ているのでしょうか。大変です。

Dsc_0275

五大湖の上を飛んでいるあたりでしたか、今度は朝食を案内されます。朝食メニューはいただかずに、
うどんを出していただきました。後から、フルーツはいかがですか?と聞かれ、フルーツもいただき、
緑茶なども出していただきました。
Dsc_0283 Dsc_0284 Dsc_0285

エリー湖の端を過ぎたあたりでしょうか、着替えを促され、スーツに着替えました。まもなくNY到着。
Dsc_0288 Dsc_0292

日系エアラインのファーストクラスはサービスがよく贅沢な気分になれます。ただ、機内で書類などを読みたい方は(気にしなければ
良いのかもしれませんが)、ビジネスの方がおすすめかも。ちなみに、リラックスウェアは持ち帰り用の袋に入れて、お土産にして
くれます。

P.S. この後、8月にロス出張の帰りにもう一度、ファーストに乗ってみました。仕事帰りに使えると快適ですね。

 

2019年 6mのDX振り返り

2019年もそろそろ終わり。夏場のEsによるEU/NAへの期待は、少し肩透かしであまりチャンスに巡り合えませんでした。

2018年にはほぼ週末のみのQRVにもかかわらず、EUを120局超・NAも65局程度QSOできたのですが、2019年は
幸いEUとNAの大オープンにそれぞれ1回立ち会えたことで、EU90局・NA55局・AF1局と週末にちょっかい出して
いる程度と思えば、なんとか形にはなりましたが、全般的に厳しい感じでした。

大きな貢献があったのは6/8(土)と7/6(土)の2日。6/8にNAを50局弱、7/6にEUを50局QSOできたことで
なんとか形になりました。あとは、6/15(土)にEU11局、6/29(土)にEU9局と、それから7/16に休日出勤の振替を
取得していた日に10局程度のEUとQSOできたぐらいで、あとは1,2局をぽつぽつとQSOしたにとどまりました。
前年にQSO済みの局が多く、ワッチにとどまることが多かったのも数を減らした要因かもしれませんが。

昨年は、今年のような大オープンには巡り合えなかったものの、ノーマルなオープン(?)がそこそこあり、週末には
なにかしらの成果があった気がするのですが、CONDX的には低調だったのかもしれませんね。

来年はどうなるでしょうか? 
平日のQRVは難しく、年間30回を超える海外出張の帰国日が土曜日だったり、NA出張などは日曜日に出発すること
が多く、休日が侵食されており、QRVのチャンスが限られています。来年はもう少しオープンに巡り合えると良いのですが。

« 2018年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ