« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月23日 (土)

JTDX WSJT-XではFake itを使いましょう。

FT8などを運用していて、ご本尊の他に、2倍・3倍・・・・と多数のお連れ様を引き連れて運用されている方がいます。

デジタルは他人に聞かないと、自分の状況がよくわからないので知らず知らずの迷惑防止のために、ぜひFake it を活用しましょう。

fake it を使わずに運用し、万が一、AFレベルで高調波が出てしまうと(普段の無線の電波は綺麗でも、PCの音源の問題などで、デジタルでは汚い電波が出てしまうことがあります)、2倍・3倍・・・と高調波が出て、だんだん弱くなるのが通常ですが、周波数帯幅も2倍・3倍と広がっていきます。

原理を絵にしてみました。あと、実際にウォーターフォールをキャプチャーしたお空で聞いたひどい高調波の例(お見事という感じ)をお見せしましょう(ぜひクリックして拡大してみてください)

Fake-it


強い局だと、受信側で飽和している場合もありえます。少し周波数を動かしてみてください。
ご本尊・2倍波・3倍波の周波数の離れ具合が変わらないのであれば、送信側の問題。受信周波数をずらしたら、それとともに、2倍、3倍の見え方がかわるようであれば(例えば、400Hzで見えていたご本尊に対して、800、1200Hzと高調波が見えていたとして、周波数をずらして、600Hzでご本尊をとらえたとき、1200、1800に高調波が見えるなら、受信側の問題です)

さて、こうしたAFの高調波は、fake itを使えばほぼ解消できます。動作原理を下に記載します。クリックして、拡大した絵をご覧ください。
Fake-it_20200523233001

高調波系のトラブルは大体これで解消できます。知らず知らずに迷惑をかけないためにも是非活用いただければと思います。特に3kHz程度の周波数の幅の中で、エッジ近くに出たい方は必須です。

Fake itの設定ですが、CAT制御が必要ですが、それができていれば、非常に簡単です。以下を設定するだけです。
Fake-it_20200523233501

ちなみに、最近のSDRを使った受信機の方などは気にならないのかもしれませんが、例えば私が使用しているFT2000Dなどは、エッジに
出られると、デフォルトでは受信できません。大体、300Hz以下は減衰し、200Hzあたりではほとんど受信不能になります。
また、上もしかりで、実用域は2650Hzぐらいで、その上は殆ど見えません。送信する場合も、2700Hzぐらいで無理して電波を出そうとすると、カクカク言いながら、送信パワーも激減します。もしかすると、ひどい電波になっているかもしれません(実際には、帯域を3kHzまで広げて運用していますが・・・)。ノーマルのFT2000Dの帯域は以下のような状態なのです。
Ft2000_20200523234101

帯域外のはずなのに、受信する信号もありますが、ものすごく減衰しています。今時のリグは大丈夫なのでしょうか?

JTDXのフィルターは使わないで!

CWなどで狭帯域フィルターは混んだバンドでは必須と思いますが、JTDXのフィルターは意味が違います。
JTDXのフィルターは、原則として、OFFにしておいてください。

場所はここです。

Jtdx_filterjpg

ここをONにしないでほしいのです。また、以下もチェックを
Jtdx2

Auto RX freqeuncy filterを有効にする(Enable)にはしないでいただきたいのです。

これらは、PCが非常~に遅くて、全部の帯域をデコードすると、例えば、自分が送信すべきタイミングになってから5秒も6秒も、まだ前のシーケンスに受信した信号のデコードをしているような、そんなPCをお持ちの方が使うものです。

残念ながら、JTDXのフィルターにはデコードを向上させる意味はありません。JTDXのソフト内でポップアップで表示される説明に記載されています。

Jtdx3_20200523211701

ざっくり訳すと、
フィルターは信号のデコーディングを改善させることはできません。もっぱら遅いCPUのために、送信時までにデコードを終了させ、送信中に送信メッセージが変更されないようにするものです。フィルターの帯域外の信号はすべて失われます。フィルター機能は、本当に自分のCPUに必要(非常に遅い)という時だけ使ってというのが、JTDXのフィルターボタンの説明のポップアップです。

フィルターを入れてしまうと、FT8では自分を中心とした150Hzしか受信しません。大抵のSSBの受信機なら、2400Hz分ぐらいは少なくとも受信するのにです。

それだけなら、ご本人の問題なのですが、FT8使用時は、基本QRMを回避するために、オンフレでは呼ばないようにしているはずです。
しかし、こういうフィルターを入れてしまうと、例えばCQを出している人を呼ぶ局は、まず離れたところで呼びますが、まったく応答してもらえず、やむなく、フィルターを入れたご本人の真上からコールすることになります(真上でなくとも、上下の近辺に)。こうしてQRMを生み、また、次々とオンフレでコールする人を作ってしまうのです。

ついさきほど、たまたまこれと思わる事象に出くわしましたので、その時の様子をキャプチャーしたものが、冒頭の画像です。
再掲しますが、
Jtdx_filterjpg

7K1XXXという方が1718HzのところでCQを出しています。
私は、送信準備をしながら、送信周波数を2428Hzあたりにして2度目のCQの終わりからコールを開始。2回スプリットで呼ぶも
反応なし。信号も弱くありませんが、気づいてもらえません。
やむなく3回目にオンフレでコール。CQ出している周波数に飛びますと、すぐにR+06のレポートが返ってきてました。+06の信号に対して
(バンドに他の局が見えない状況でしたが)コールバックがないのです。やむなくオンフレで呼ぶことになりました。

呼びまわりに徹している方で、遅いPCしかないというのならやむを得ないでしょうが、私は、少なくともCQを出して、呼ばれる側になる方は、フィルターは入れるべきではないと思っています。

多くの方にとって時間の無駄になりますし、QRMを誘発し、交信成立を著しく阻害するものだと思います。

2020年5月19日 (火)

4U1UN

6mのコンディションにおされて、すっかり忘れていました。

5月のGW中に念願だった4U1UNをゲットしました。一度、夜間に20mで
みかけてはいたのですが、たまにかする程度。とても呼べる状態ではありませんでした。

休日は、昼頃まで寝ていることが多いのですが、さすがに連休中、適当に目がさめて
短波を聞くと、14.085で結構なパイル。呼ぶ相手は4U1UNじゃないですか。

あわてて、タワーをクランクアップさせて、コールする準備に。しかし、弱い。
沢山呼んでいますが、ひたすらCQの連発で、信号も弱い。
「こりゃ、厳しいかな?」と思ったものの呼ばないことにはできませんのでコール開始。

数回呼ぶと、なんと自分のコールが浮き上がってきます。弱いし、「フェイク?」と
一瞬ためらったのですが、サブで動かしているPCのJTDX上にも同じデコードが!
本物と確信し、なんとかコンプリート。良くとっていただけました。

4u1un_1

実は、その後は、信号レベルがあがって、もう少し楽にできる状態になったのですが、
こういうのは「苦しんで一度できると、次々見えたり、良く聞こえる」の典型なのでしょう。

別の日にもJTDXで+-0前後で見えるときがありました。不思議なものです。

数日後、無事にLoTWでCFM。現存#335になりました。

4u1

今年はラッキーなことに2UPです。残りはできそうなところがないのですが。。。

2020年5月16日 (土)

2020年5月16日 A9・A7・HZ(7Z)が6mで大オープン

前日、多くの方がA71EMや7Z1SJとQSOしたことを聞いていましたので、朝から気にして295度あたりにアンテナを向けて、50.313MHzをワッチしていました。すでに近場やUNあたりが良く見えていましたが、お昼前に突然見慣れないコールサインがいきなり-11dbの表示とともに画面に飛び込んできました。
慌てながら、早速、コールするも応答なし。相手の信号は-08、-10、-07と変化しますが、全く気付く気配なし。何度も呼んでいるとビッグガンの方がどんどん出てくるはず。気が焦るも、届かないものは仕方ない。次に-03の表示。さすがに届くか??と思うと何とか応答がありました。

A92hk

もらったレポートは-16dbとかなり厳しいものでしたが、なんとかQSO完了。あとは延々とCQが続きましたが、JAからは猛パイルになっていました。

さて、A9自体はおNewではないので、目的のA7やHZを探します。
途中、昼飯を挟んで、13時過ぎ、A9が相変わらず見える中で、HLとA71AMとの交信が見えだしました。昨日見えたA7とは別の局のようです。早速コールを開始するも、西のエリアの方やビッグガンの方に太刀打ちできず、なかなか応答がありません。相手の信号がマイナス一桁になったころ、ようやく応答がありました。 昨年は1エンティティも増やせませんでしたので、久しぶりのNew Oneです。

A71am

その後、未交信のHZ(7Z)を探します。一度、6エリアと交信する7Z1SJを-19dbで受信するも、その後は全く。7Zを半ばあきらめ、前日見えていたというA71EMがよく見えるので、コールします。しかし、全く歯が立ちません。

そのうち、50.323MHzで7Z1SJが出ているとの情報をいただき、ワッチすると、弱いながらもたまに信号が見えます。そのうち、強くなりだしますが、F/Hで分離すると途端に厳しく。呼べるところでコールをはじめ、またまた、信号がマイナス一桁になるも、応答なし。一方で、次々と知っている方にコールバックが。
F/Hで運用しているところ、7Z1SJ JM1SZY -XXの形で呼んでいたのが悪かったようで、修正すると数回で応答がありました。応答があったときは、4~5分割になっていましたので、信号レベルがかなり低くなり、交信成立するのか不安になりましたが、なんとか無事にQSOできました。

7z1sj_1

HZもNew Oneです。一日に、2つUPできました。

どうやら、この7Z1SJを呼んでいるのが、A65BPに受信されていました。
運用した形跡はないのですが、(たられば)A65ともできていたら、1日で3UPなんてことがありえた一日でした。
A65bp

 

他には、9KやA7・A9の別の局の入感もあり、ざっと中東がいっぱいの一日でした。
長時間オープンしていたので、かなりの方がQSOされたのではないかと思います。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ